2008年01月27日

突然の出来事


今日、Oreoが何の前触れもなく突然に痙攣を起こした。
人間の子供で起きるような「てんかん」に似た症状だ。
自分自身、突然の事でかなり動揺しどうしてよいか全く判らなかった・・・。
犬にも「てんかん」が結構な割合で発症するようだ。
正直、ここで記事にしようかどうか悩んだ。
しかし、「てんかん」や病気ならばココで記事にして記録する事。
この記事を読んでくれている方々が何らかの形で遭遇した時、
少しでもお役に立てればと思い書き留めることにした。

ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

今日は息子のサッカーの試合を家族で応援exclamation
勿論、Oreoもサポータの一員として応援に参戦予定でした。

試合前いつもの様に会場で散歩&朝ご飯エサ そして私は
いつものようにOreoの撮影に夢中カメラ

試合まで時間があったので暖をとる為、車中に一時帰還。
暫くするとクレートの中でバタバタと暴れる音がする。
覗くとOreoが口から泡を吐きひっくり返って痙攣している。
慌ててクレートから出し、抱きかかえ声を掛ける・・・。(11:00頃)
数分後、痙攣は治まり何事も無かったかのようにケロっとexclamation&question

主治医にTELするも我が家は出先の為、症状を説明し対応を聞く。
そしてナビで近所の動物病院を当るもすべて休診で診て貰えない。
その間、Oreoは全くもって普段と変わりなし。
しかしその数時間後、また痙攣が起きた。最初と同じ症状だ。(15:00頃)
帰宅途中で休日に診察している動物病院を見つけ、直ぐに飛び込む。

血液検査の結果、内臓系の疾患の疑いは少ないとの事で、あとは脳の
疾患による「てんかん」か特発性(原因不明)の「てんかん」の疑いも。
とりあえず痙攣を抑える抗てんかん剤を注射して様子見する事に。

現在は自分の寝床でスヤスヤと気持ち良さそうに眠っているが、
暫くは、ケージの横で添い寝しようかと思っている。

こういったケースは結構あるそうである。
皆さんも遭遇がないことを祈るばかりですが、もし遭遇した時に
私みたいに慌てず冷静に行動出来る様、頭の片隅にでも記録して
おいて頂ければ幸いかと思います。

犬の「てんかん」について
http://www.wahpes.co.jp/tenkan/

080127a.jpg
発症ちょっと前のOreo

ニックネーム Oreoパパ at 23:59| Comment(18) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする